VIAのAPC8750が届いたZe

 

Raspberry Pi(ラズベリーパイ)で火が付いた感のあるARM搭載ボード。VIAから発表されたAPC(APC 8750)は、Raspberry Piほど安価ではないが、充実したインターフェースがちょと魅力的なブツ。発表と同時に申し込んで、すっかり忘れていたのだけど、7月も末になって、いきなり届いた。インヴォイスを見ると、本体が49ドルで、送料が30ドル(航空便)。いくつかまとめて買えば安くなるのではないか。

VIAから届いたAPCのパッケージ

 

基本的にITX規格に準拠しているため、バックパネルなどはPC用とほぼ同様。ケースもむろんITX用のものが使える。

パッケージをあけると、PCのバックパネルを模した箱が現れる

 

後ろのI/Oパネルのようなボール紙を引き抜くと、そのままボードのバックパネルが現れるギミック。実はこのままケースとしても使える設計になっているようだ。

 

ボード全景。ITX基板の後ろがないような構造。

見た感じはPCのマザーにくりそつだが、メモリソケットやCPUソケットはむろんのこと存在しない。電源は付属のACアダプタの他、4ピンからも供給できるので、ITX系ケースに入れればACアダプタはいらない。背面のピンはUSBとシリアルポート用。

パネル背面。左から、電源、VGA、HDMI、USB、EthernetとUSB、サウンド、SDカード用のポート

標準でフラッシュメモリを搭載していて、そこにAndroidがインストールされているので、箱から出して、ディスプレイとキーボード/マウスをそれぞれHDMIとUSB端子につなぎ、ACアダプタにつないでみたら、あっさり起動した。マーケットもないようなシンプルなAndroidだが、LANにつないでYouTubeでHD動画を再生してみたところ、駒落ちもなくH.264の動画再生が可能だった。けっこう優秀。

アプリの追加については、SDカード経由での報告例がフォーラムで挙がっており、野良アプリはインストール可能なもよう。また、マーケットについてもインストールできたとの報告があるので、これもそのうち使えるようになるだろう。

なにより、Linuxが動くようになれば、NASやファンレスサーバなどにも応用できるだろう。数千円で手に入るおもちゃとしてはなかなか優秀なのではないだろうか。

 

●APC

http://apc.io/

 

 

2 thoughts on “VIAのAPC8750が届いたZe

  1. おおご無沙汰しております。
    おもしろいみたいですよ(じつは貸しっぱなしでその後触れていない)。
    この手のAndroidおもちゃが流行りそうな雰囲気です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください